本当に就職に強い大学ランキングの実態を分析する!

大学生の就職率が過去2番目となる水準になったと発表がありました。

文科省と厚生労働省が行った調査によると,2018年度卒業の大学生の就職率は97.6%で過去最高を記録した2017年度より0.4%低下はしたものの,かなりの高水準となりました。

さて,現在非常に高い水準なる就職率ではありますが,この就職率についてはいくつかの定義のもとに集計されています。

このページでは,これらの就職率ごとの大学ランキングについて紹介すると同時に,そのランキングが何を表しているのか。そのランキングによって偏った印象を受けてしまう注意点について紹介をしていきます。

広告

「本当に就職に強い大学」ランキング

今回元にするデータは,東洋経済に掲載された「本当に就職に強い大学」ランキングについてです。

冒頭にある97.6%という数字は文科省等が行う調査で就職課やキャリアセンターなどが把握している学生であり,届けを出さずに就職活動を行っている学生は含まれていない。

そうした層の中で就職できなかった学生は,就職率の算出に反映されない。と説明が続きます。

「本当に就職が強い大学」ランキングの算出方法

こうした状況から,大学通信は,より実態に即した就職状況を把握するため,卒業生から大学院進学者を引いた学生に対する就職者の割合を算出しました。

「実就職率」(就職者数÷(卒業者数−大学院進学者数)×100)を定義し,その率を就職力の指標として採用しています。

「本当に就職が強い大学」ランキング一覧

そして,実際のランキング結果が以下のとおりです。

出典:東洋経済ONLINE 最新版!「本当に就職に強い大学」ランキングhttps://toyokeizai.net/articles/-/229469

「本当に就職に強い大学」ランキングからわかること

さて,ランキングを見てみると上位層は工業大学が占めていることがわかります。

ここ近年の傾向で製造業の採用が大きいことや,建築・土木系,情報系企業に高い採用需要があることが理由です。

また,女子大学も意外と上位を占めていることがわかります。

偏差値上位大学の順位は・・・

このランキングは「実就職率」を定義したうえで,就職に強い大学のランキングを作成していますが,就職に強い大学=偏差値の高い大学と思っている人が多いのではないでしょうか。

例えば東京大学は誰もが知る日本トップの大学ですが,このランキングでは,かなり下位に位置しています。

東京大学は就職に弱いのでしょうか。
もちろんそんなことはありません。
他にも旧七帝大(東京大学,京都大学,北海道大学,東方大学,名古屋大学,大阪大学,九州大学)や,筑波大学や一橋大学など,最難関国立大学を見ても,ほとんどが下位層に位置しています。

また,私立大学を見ても,早慶上理(早稲田大学,慶應義塾大学,上智大学,東京理科大学)やGMARCH(学習院大学,明治大学,青山学院大学,立教大学,中央大学,法政大学)は下位層に位置しています。

何故難関大学は下位層に位置しているのか

結論から言うと,このランキングの集計方法に答えがあります。

記事中にも紹介されていましたが,優秀な学生が集まる大学は,進路も多様だと言うことです。

これはあくまで大学院進学者以外の就職をした比率を算出していますから,

起業した学生や,資格試験準備のための浪人は未就職者というカウントになります。
国際公務員講座を受ける人や国際機関で働くために,違った道で勉強をする人,プロスポーツ選手や女優となる人は,カウント上は未就職者になります。

このランキングが表しているもの

以上のような理由から,私は「本当に就職に強い大学」ランキングと言って良いのだろうかと少し疑問に思ってしまいました。

このランキングは「実就職率」と定義されていますが,

進路がある程度多様化しておらず,就職を普通にする人が多い大学のランキング

のように感じてしまいました。

こういったランキングは一人歩きすることが多く,ランキングの算出方法を見ないで,○○大学は就職に強い!と世間が思ってしまうのは少々異なった情報になってしまうのではないでしょうか。

まとめ

この記事をみた受験生やその親御さんの中で,ランキングが上位だからこの大学に行こう!

(実際はそんな人はいないかもしれませんが)

と思った方は注意が必要です。

少なくとも,就職の需要が多い分野であったり,就職課が最後まで面倒をみてくれる良い大学であることは間違いないと思いますが,それイコール良い企業・希望の企業に入ることができる大学とは限らない点に注意が必要です。

偏差値のレベルよりも,良い企業に入っている学生が多い大学や,有名企業へ多く採用されている大学の一覧を見た方が,「本当に就職に強い大学」という言葉には合っているように感じます。

【既卒・転職・フリーター採用(新たな道を目指す人向け】

  • あなたの適職探します。パソナキャリア
    5

    パソナキャリア

    一言で『正しい転職』と言っても、答えは一つではありません。そのためにも大切にしているのは、みなさんご自身の経験・ご希望をより深く掘り下げていくこと。
    各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランについて一緒に考えていきます。パソナグループとしての幅広いネットワークも当社の特徴。業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中から、あなたのキャリアプランを実現する求人をご紹介します。

  • 転職エージェントなら転職支援実績No.1のリクルートエージェント
    5

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは転職支援実績No.1の転職支援サービスです。実績豊富な転職エージェントが、業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。

  • 日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
    5



    求人件数が多いことはもちろん,いわゆる「ブラック企業」の比率が非常に少ないことで有名です。
    いい就職.comは,内定者の離職率が高すぎる会社は紹介先から外してしまう処理をとっています。これにより,安心して転職活動を行うことができます。サポーターが話をしっかりと聞いてくれて,無理やり転職先を紹介されることもありません。

  • フリーター就職・既卒就職なら【JAIC(ジェイック)】
    5



    フリーターや,既卒からの転職成功率80%以上!
    ビジネスマナーから,面接対策や履歴書の書き方まで,フリーター・未経験・既卒専門の無料就活講座で,就活対策を最初から最後まで丁寧にサポート!
    正社員しか紹介しない実績抜群の転職サイトです。

  • 『転職・求人ならキャリコネ転職サービス』
    5

    企業リサーチ,求人検索,面接対策と全ての要素が無料で利用ができる。企業登録数は43万件以上で,会社の評判から「年収」「残業時間・休日出勤」などの口コミも全て網羅!転職を考えるならまずは登録しておくべき!
    また,他社の大手転職サイトと提携をしているから別の転職サイトにも同時に登録ができ,面倒な履歴書登録の手間が省ける!

  • 転職・非公開求人の多さなら【doda】
    4



    求人件数が非常に多く,選択肢に困ることはありません。また,職務経歴書や面接対策といった一番気になる実践的なサポートが非常に好評です。
    転職サイトでは,担当者によって当たり外れがあると言われますが,dodaは担当者の質が非常に高いため,どの担当者でも安心して相談をすることができます。
    求人件数が多すぎて,あまり条件のよくない求人が紛れ込んでいることがあるので注意。

  • 20代の初めての転職は、「20代の転職相談所」でまずは相談
    4



    20代の第二新卒者に特化した転職支援サイトです。正社員限定求人を5,000件以上を用意しています。初めて転職をする場合は転職ノウハウがしっかりしているため,的確なアドバイスを受けることができます。検索可能なこだわり条件も豊富に準備!

【新卒採用(これから就職活動を行う人向け】

  • 早期内定も可能!特別選考のスカウトがもらえる就活スカウトサイト【キミスカ】
    5



    『キミスカ』はスカウトメールが届く逆求人型の就活サイトです。
    企業の採用担当者が登録された学生のプロフィールをチェックして,気になったユーザーにスカウトメッセージを送られます。お互いの信頼関係が構築されたタイミングで面接や説明会に進むので,就職活動を非常に効率的に進めることができます。
    今までの新卒採用にはない,逆求人型の就職活動を無料で利用できるので,とりあえず登録しておいて,興味のある会社からメッセージがもらえたら積極的に就職活動を行うことも可能!

  • あなたの就活をスマートに【新卒支援サービス digmee】
    5



    スマートに就活がしたいなら!LINEを通じて,イベントや選考会の情報を仕入れることができる。登録もLINEでワンクリック!
    気になる業種などを一括エントリーできるから,エントリーの漏れもなし!
    ESから面接対策まで全てを効率的にサポートしてくれる次世代型就職サイトです。

  • 「自分の市場価値を高める企業への就職をサポートするJobSpring」
    4



    自分自身が将来どんなキャリア形成を図りたいのか。自分の得意・不得意はどこか。自分に合う企業,合わない企業はどこか。
    JobSpringなら,将来のキャリア形成まで見据えた後悔のない内定を実現するべき,非常に親身に相談することができます。新入社員の10人に3人は3年以内に会社を辞めている今の世の中だからこそ,自分にあった企業を選ぶことがとても大切です。

  • 新卒就活エージェントなら【キャリアチケット】
    4



    こんな就活をしている人はしていませんか?1.就活情報はネット中心で集めている。2.有名企業ばかりエントリーしている。3.行きたい企業してみていない。こんな人は多くの可能性を逃しているかもしれません。
    自分では気がつかないプロの目線での自分の強みや,適正を徹底的に分析してくれます。
    もちろん無料で利用ができるため,情報収集のためだけでも非常に活用できます!

広告