DMM株でIPO投資開始!資金不要のメリットとは

今回はDMM株について紹介していきます。

公式サイトはこちら↓↓

株をはじめるなら、DMM.com証券

副業を考える人の中でもIPO投資は非常におすすめです。

別の記事でIPO投資について紹介をしています。

仕事をしている人は時間もなかなかないし,投資をして資産を増やそうとして,逆にお金を減らしたら元も子もありません。

そこで,当たる確率は低いものの,ローリスクでハイリターンを得られるIPO投資が非常におすすめです。

*IPO投資の詳細についてはこちら↓↓↓

関連記事

こんにちは。みなさんは,毎月の収入をどうやって使っていますか?家賃の支払いや食費,子供の習い事等,収入はいくらあっても足りないと感じている人がほとんどではないでしょうか。かといって,収入を増やすために副業をしようと思っても時間がない。[…]

関連記事

別の記事でIPO投資について紹介しました。副業を考える人の中でもIPO投資は非常におすすめです。仕事をしている人は時間もなかなかないし,投資をして資産を増やそうとして,逆にお金を減らしたら元も子もありません。そこで,当たる確率は低いも[…]

今回は,そのIPO投資の中でもDMM株のIPO投資について紹介しようと思います。

広告

DMM株とは

すでにDMM株についてご存知の方もいるかもしれませんが,大手のDMM.comグループが運営する証券会社になります。

DMM.comは,金融取引はFXのイメージが強く,FXについては国内口座数でトップになるなど非常に有名ですが,2018年度から株式取引についても取り扱っています。

日本株,米国株ともに手数料が業界最低水準という点や,購入手数料に応じてポイントがつくなどメリットが多くありますが,既に証券会社は飽和状態と言えるほど多くの証券会社がしのぎを削っています。

そういった意味でもDMMの株式取引部門については,割と地味に取り扱いをしていると言えるでしょう。

DMM株がIPO取引を開始!

そんなDMM株ですが,2018年度当初はIPOの取り扱いはありませんでしたが,この度ついにIPOを取り扱うようになりました。

このページでは,そんなDMM株のIPOの概要について紹介していきます。

メリット1:資金が不要で申し込みができる

とにかくこのIPO投資で一番ありがたいのが,資金拘束がない証券会社です。

お金に余裕がある人はあまり関係ありませんが,この資金拘束がないということは,ずっとDMM株に資金を入金しておかなくて済むということです。

IPO投資は主幹事となる証券会社にいかに申し込みができるか。という点が当選確率をUPさせる秘訣なのですが,資金に余裕がない場合,この資金移動が非常に面倒です。

IPOのスケジュールが過密になる3月・12月などは,2つの証券会社が同時抽選し,それが3日連続!ということもあります。

この時に,資金拘束があるといちいち資金を移動させなければならず,時間が足りないと手数料をかけて対応をしなければならないこともあります。

資金不要の場合,これらの面倒なことにとらわれず,毎回クリック1つで申し込みができます。

ちなみに,資金不要でIPOの申し込みができる証券会社は以下のとおりです。

・野村證券

・松井証券

・岡三オンライン証券・

・いちよし証券

・ライブスター証券

・エイチエス証券

・むさし証券

IPO投資で利益をあげたいと思っている人は,必ずこれらの証券会社の口座開設を行いましょう。

多少面倒でも,これらの口座はいわば無料で宝くじに申し込みをしている状態ですので,とにかく取り扱いがあれば応募をし続けることが大切です。

メリット2:抽選方法が完全平等制度

証券会社によっては,ポイント制や,ステージ制など,少々複雑なルールを用いている証券会社がありますが,DMM株は完全平等制度となっています。

また,複雑なルールを用いる証券会社は基本的に資金がある人が有利になります。

ステージをあげるには多くの投資をしなければならなかったり,多くの資金がある中から抽選をしたりと,一般サラリーマンには非常に不利な状況になることが多いです。

DMM株なら,誰でも平等に抽選を受けることができるので,全ての人が当選可能性を持っています。

メリット3:口座保有者が少なくライバルが少ない

まだ始まったばかりのDMM株はまだまだ口座保有者が少ないです。

口座保有者が少なければその分当選確率が上がります。

今後,DMM株が人気となる,口座保有者が増えてくることが想定されますが,今のうちに口座開設を行い,IPOに参加することをオススメします。

DMM株のデメリットとは

デメリットと書いてはいますが,資金不要でIPOに申し込みができるので,デメリットというわけではありませんが,注意点程度として2点ほど紹介します。

当選確率が低い

まだまだ始まったばかりということもあり,主幹事でIPOを取り扱うことは少ないです。

そのため,割当株式数も少ない傾向にあるため,資金不要ということで損や資金拘束はありませんが,なかなか当たらないということが想定されます。

取り扱い件数が少ない

こちらもまだまだ始まったばかりということもあり,取り扱う銘柄もそこまで多くありません。

取り扱いが決定した銘柄については忘れることなく申し込みを行いたいですね。

まとめ

正直,DMM株でIPO当選をする確率は非常に低いかもしれません。

ただ,資金不要で完全平等抽選ということで,とにかく応募をしておくことがIPO投資で儲ける鍵だと思います。

当選しなくとも,デメリットがあるわけないので,どんどんIPOに参加をし少しでも当選確率は上げていきましょう。

無料口座開設はこちら↓↓

DMM 株

広告