IPO投資で最も重要な証券会社の比較

IPOとは「Initial Public Offering」の略で,「新規公開株」と呼ばれます。

まだ上場していない企業が,新たに株式を証券取引所に上場し,投資家に株を取得させることを言います。

この新規公開株については,上場前に投資家へ配分し,上場を迎えます。

人気のある株については,配分された以上の数の需要が上場日に発生し,配分された額以上の値がつきます。

その勝率は8090%とも言われ,入手することができれば高確率で利益を生み出すことができます。

広告

IPO投資を勧める理由とは

IPOは数ある投資(資産運用も含めて)の中でも特にリスクが少ない投資方法だと思います。

その分当選確率は非常に低いものになってしまいますが,宝くじ感覚で申し込みを続けることで,とても高いパフォーマンスを発揮します。

現に,私はIPO投資を始めて5年が経ちますが,ほとんど頭を使わず100万円以上の利益を得ることができました。

例えば100万円を元手で資産運用を行った場合,5%で運用しても複利込みでも30万円の利益を得ることができません。そしてこの5%の利益を出し続けることも投資経験がないと難しいことでもあります。
もちろんIPO投資でも損をすることがまったくない訳でもありません。
しかし,事前におおよその利益予想を知ることができるため,少しでも損をする可能性のある銘柄に当選した場合,購入を辞退することでその損を回避することもできます。

IPO投資で最も重要なのは証券会社選び

さて,IPO投資は当たればほぼ儲かることがわかりましたら,当選しなければ意味がありません。

IPO投資はリスクが低い分,非常に人気がある投資で,なかなか当選をすることができません。

そこで当選の可能性を少しでも高めるために,証券会社について理解をしておきましょう。

実はIPOの取り扱い銘柄や,当選方法については証券会社によって異なります。

そのため,それぞれの証券会社の特徴を知ることが,IPO投資で成功するための秘訣にもなります。

では,証券会社はどこを選べばよいのでしょうか。

結論から言うと,

可能性のある証券会社は全て口座開設しましょう!

IPO投資における証券会社の取り扱いの違い

証券会社の口座開設をする最大の理由は,銘柄ごとに取り扱い証券会社が異なることです。

せっかく申し込みをしたいと思っても,口座開設していない証券会社しか取り扱っていない場合,申し込み自体ができません。

銘柄の取り扱い数は以下のページでも紹介をしています。

IPO投資の詳細についてはこちら↓↓↓

関連記事

こんにちは。みなさんは,毎月の収入をどうやって使っていますか?家賃の支払いや食費,子供の習い事等,収入はいくらあっても足りないと感じている人がほとんどではないでしょうか。かといって,収入を増やすために副業をしようと思っても時間がない。[…]

また,証券会社の取り扱いの大きな違いとして,チェックしておく事項はこれです。

①資金が必要となるタイミングはいつか

①については,証券会社によって資金が必要なパターンが,申込み時・抽選時・当選後購入時に分類されます。

これによって資金に余裕がない場合でも工夫次第では,多くの証券会社から申込みをすることができます。
②抽選方法はどうなっているか
②については,1アカウント1票で抽選される平等抽選なのか,申込み数全てに抽選権がある方式なのかによって,戦略も変わってきます。
資金に余裕がない場合は,1アカウント1票で抽選される証券会社で申込みを行いましょう。
③主幹事となる回数はどれくらいか
③については,資金に余裕がある場合は,全て申込みを行えば良いですが,資金に余裕がない場合,主幹事となる証券会社を最優先で申込みをしましょう。割り当てられる株式数が,主幹事とそうでない幹事証券会社では,大幅な差があります。

IPO投資における証券会社比較

実際にそれぞれの証券会社の特徴について紹介をしていきます。

絶対に開設しておくべき証券会社のオススメ度を5段階で評価しています。

証券会社申込みパターン抽選方法ネット口座配分オススメ度公式サイト
SBI証券抽選時のみ必要申込数に依存100%5
SMBC日興証券資金拘束有平等抽選10%4.5
マネックス証券資金拘束有平等抽選100%4.5
大和証券資金拘束有平等抽選15%4
カブドットコム証券資金拘束有平等抽選不明4
三菱モルガンスタンレー証券資金拘束有平等抽選10%5
楽天証券資金拘束有申込数に依存※申込上限有100%3
みずほ証券資金拘束有平等抽選10%3
岩井コスモ証券資金拘束有平等抽選10%4
東海東京証券資金拘束有平等抽選10%3
松井証券0円平等抽選70%4.5
野村証券0円平等抽選10%5
岡三オンライン0円平等抽選10%4.5
エイチ・エス証券0円平等抽選10~30%3
いちよし証券0円平等抽選10%3
むさし証券0円平等抽選10%3
ライブスター証券0円平等抽選100%3
GMOクリック証券抽選時のみ必要平等抽選100%3
丸三証券抽選時のみ必要平等抽選10%3

 

とにかく全て口座することをオススメしますが,あまり口座を多くしすぎてしまうのは抵抗がある場合は,オススメ度の高いものから登録をしておきましょう。

sbi証券の評価が高い理由は,この証券会社のみipo抽選に外れた際にipoチャンレンジポイントというものが貯まります。これを貯め続ければいつかは大物ipoが当たりますのでこの証券会社は最優先で口座開設をしましょう。

*sbi証券の詳細についてはこちら↓↓↓

関連記事

別の記事でIPO投資について紹介しました。副業を考える人の中でもIPO投資は非常におすすめです。仕事をしている人は時間もなかなかないし,投資をして資産を増やそうとして,逆にお金を減らしたら元も子もありません。そこで,当たる確率は低いも[…]

主幹事実績の多い,SMBC日興証券・三菱モルガン・スタンレー証券申込みの際に資金を必要としない野村証券・松井証券も高評価としました。

意外と狙い目なのがマネックス証券・岡三オンライン証券です。これらはネット配分率が高かったり,申込み数が他の証券会社よりも少ないため倍率が多少低いことが多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ipo投資に当選するためには,とにかく申込みをすること,その中でも証券会社によって特徴があるためその特徴を知って自分の資金の最大限効率の良い申込みを行うことが重要です。

すぐに結果は出ないかもしれませんが,落選をしても損をすることはありませんので,いつか来る当選を待って気長に申込みをし続けることが重要です。

無料口座開設はこちら↓↓

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

 

 

 

広告