ネット配分100%!楽天証券のお得なIPO投資とは

今回はIPO投資の穴場証券会社である,楽天証券について紹介していきます。

楽天といえば楽天経済圏にどっぷり浸かっている人はとてもありがたい存在なのではないでしょうか。

そんな私も楽天経済圏にどっぷりとハマっています。

楽天をオススメする理由については,以下の記事もご覧ください。

関連記事

こんにちは。今回は,私が今までAmazonを使っていながらも,楽天に変えた理由を紹介します。楽天はページが見にくいという評判もありますが,それを補うぐらいの利点があります。このページを読んで,ぜひ楽天の仲間入りを果たしてください。[…]

公式サイトはこちら↓↓

楽天証券

楽天証券はネット証券としては,非常に古くから存在していましたが,IPOについて力を入れ始めたのは最近のことです。

今までは委託販売という形が大半でしたが,2018には幹事入りも果たし,今後非常に注目していくべき証券会社となります。

*IPOの詳細についてはこちら↓↓↓

関連記事

IPOとは「Initial Public Offering」の略で,「新規公開株」と呼ばれます。まだ上場していない企業が,新たに株式を証券取引所に上場し,投資家に株を取得させることを言います。この新規公開株については,上場前に投資家へ配[…]

関連記事

こんにちは。みなさんは,毎月の収入をどうやって使っていますか?家賃の支払いや食費,子供の習い事等,収入はいくらあっても足りないと感じている人がほとんどではないでしょうか。かといって,収入を増やすために副業をしようと思っても時間がない。[…]

広告

楽天証券の特徴は

楽天証券は手数料も安く,金融商品を楽天ポイントで購入できたり,楽天カードで取引ができたり,その分の手数料にポイントがついたり,と楽天の制度を遺憾無く発揮することで非常に有効な資産運用ができます。

楽天銀行と楽天証券を紐付けすることで,リアルタイムでの無料入出金が可能となります。

IPO投資における無料での資金移動についてもとても有効な手段となりますので,口座開設については必須と言えます。

*IPO資金移動の詳細についてはこちら↓↓↓

関連記事

IPO投資を本格的にやっていこうと考えると,行き詰ることの1つに,資金移動の問題があります。今回はこの資金移動を無料でスムーズに行う方法を紹介していきます。(adsbygoogle = window.adsbygoogle ||[…]

また,口座開設費・維持費全てが無料で,投資などへの勧誘の電話も一切ありません。

多くの証券会社共通ですが口座開設する際に,勤務先やその電話番号を要求されることがありますが,こちらも勤務先に連絡がくることは基本的にありませんので,ご安心ください。

なお,本サイトでもいくつかの証券会社を紹介していますが,正直いってどの証券会社が一番良いか。

という点においては,ひとそれぞれです。

・とにかく手数料を安く抑えたい。
・投資ツールが見やすい証券会社が良い!
・なんとなく馴染みのある証券会社を利用したい。
・投資ツールが使い安い証券会社だけど,投資情報はこっちの証券会社の方が良い!

などなど,要望は様々です。

証券会社の口座を開設するのは無料ですし,維持費も基本的にはかかりません。

SBIネオモバイル証券は月間の約定金額が50万円以下であれば,月額200円で取引し放題。という制度ですが,逆にいうと取引がなくても維持費がかかってしまいます。一時停止の手続きもありますが,注意が必要です。

そのため,複数の証券会社の口座を開設し,自分の目的や使いやすさにあった証券会社を実施に使ってみることが大事です。

ちなみにSBI証券をメイン証券にしている理由は,IPOポイント制度があり,資金をそこに集中させているためです。

*SBI証券のIPOポイント制度の詳細についてはこちら↓↓↓

関連記事

別の記事でIPO投資について紹介しました。副業を考える人の中でもIPO投資は非常におすすめです。仕事をしている人は時間もなかなかないし,投資をして資産を増やそうとして,逆にお金を減らしたら元も子もありません。そこで,当たる確率は低いも[…]

楽天証券のメリットとは

さて,ここからは楽天証券のIPO制度のメリットについて,紹介していきます。

証券会社によってIPOの制度が異なりますので,しっかりと各証券会社のルールを把握しておきましょう。

メリット1:ブックビルディングの際には資金不要でIPOに申し込みができる

個人のIPO投資で一番ありがたいことが,この資金拘束がない(もしくはズレる)証券会社です。

楽天証券は後期型と呼ばれるもので,その流れは,

①ブックビルディング → ②購入申し込み → ③抽選結果
となります。
多くの証券会社が①のブックビルディングの際に資金が必要ですが,楽天証券は②の購入申し込み時です。
岩井コスモ証券も同様の方式となります。
この違いは,資金に余裕がある人からするとあまり関係がないのですが,限りある資金でIPO投資をする場合,この微妙なタイミングの違いはありがたいです。
IPO投資は基本的に当選が難しいです。
前期型と呼ばれる証券会社で抽選結果を確認,落選となった場合,そのまますぐに資金を移動させ,楽天証券の購入申し込み期限までに買い付け余力を準備することで,限られた資金を2回にわたって活用することができます。
IPO投資の極意はとにかく申し込み可能な証券会社に根気よく申し込みをすることです。この方法で少しでも当選確率を上げましょう!
また,資金拘束が抽選結果後という証券会社も非常に魅力的ですが,その分ライバルが多くなりますので,資金不要な証券会社には申し込みを続け,ライバルのいない多少面倒な資金拘束のある中堅証券会社が実は当選しやすい。

とも言えるでしょう。

ちなみに,資金不要でIPOの申し込みができる証券会社は以下のとおりです。

・野村證券

・松井証券

・岡三オンライン証券・

・いちよし証券

・ライブスター証券

・エイチエス証券

・むさし証券

IPO投資で利益をあげたいと思っている人は,必ずこれらの証券会社の口座開設を行いましょう。

多少面倒でも,これらの口座はいわば無料で宝くじに申し込みをしている状態ですので,とにかく取り扱いがあれば応募をし続けることが大切です。

メリット2:1口座1抽選の平等抽選方式!

楽天証券は,1口座あたり1抽選という方式をとっており,資金として1億円用意していようと,資金を必要最小限で申し込みをしようと,1口座の中から抽選を行うため,優劣がない。ということです。

資金に余裕がある方からすれば,この制度はあまり嬉しくないのですが,個人の限りある資金の中でIPO投資を行う人にとっては,非常に朗報です。

申し込みをし続ければ,当選をする確率がぐっと高まります。

メリット3:IPO割り当て株数の約100%が抽選に割り当てられる

この抽選配分100%というのは,とても重要です。

店頭販売を行っている証券会社では,抽選に割り当てられる割合が全体の10%程度の証券会社が多いです。

マネックス証券も同様に抽選配分100%です。

割り当て株式数が多い場合でも,抽選に割り当てられる株式数が少ないと結局のところ当選確率は下がってしまいます。

ある証券会社が抽選には10%しか割り当てしない場合,1000株の割り当てがあっても,抽選にまわるのは100株となります。マネックス証券の割り当てが500株の場合,100%の抽選でそのまま500株が抽選にまわるので,1000株の割り当てのある前者よりも5倍も多い当選確率となります。
上記の例は,総口座数や申し込み数によって結果は異なりますが,割り当ての約100%が割り当てられるというメリットがわかったかと思います。

メリット4:抽選倍率が毎回発表される

楽天証券最大の特徴とも言えるのが,この抽選倍率の発表です。
この抽選倍率が発表される仕組みは,現時点では楽天証券とエイチエス証券のみとなります。
抽選倍率がわかる=当選確率が上がる という訳ではないのはもちろんですが,IPO参加した人限定で,以下のような抽選倍率に関するお知らせがあります。
抽選番号は,コンピュータにより乱数を用いて付与しています。
抽選対象株数/当選株数=●●●(小数点以下切り捨て)
よって,抽選倍率は約●●●倍です。
※小数点以下切捨ての為,抽選倍率が「1倍」と表示されても,
抽選対象株数が当選株数を上回っている場合は,
その数値を用いて当社所定の算式により抽選が行われます。
「●●●」には実際の数値が入ります。
毎回申し込みをしているとわかりますが,そこそこの値上がりを見せた銘柄の当選確率はほとんどが1%前後となります。
大型IPO以外はなかなか当選を勝ち取ることはできないかもしれませんが,宝くじをタダで買い続けることができるのがこのIPO投資の醍醐味です。

楽天証券のデメリットとは

楽天証券のデメリットについては,取り扱いのアナウンスが遅いことがあります。

正式に幹事入りした際は問題ありませんが,委託販売という形をとることがあり,この場合はブックビルディング期間のギリギリでアナウンスされることがあります。

その分見落としがあり,当選確率が上がることが期待されますので,狙っている銘柄で楽天証券が幹事入りしていない場合でも,ブックビルディング期間終了までは毎日1回確認し,漏れがないように注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

楽天証券はいわゆる穴場証券会社として,IPO投資を行っている方は必須証券とも言えるでしょう。

ただ,抽選結果前にブックビルディングと購入申し込みを行う必要があり,2回確認する手間があります。

この手間によりライバルが少し減少する傾向がありますので,面倒でもしっかりと確認して当選を目指していきましょう。

また,IPO投資だけでなく,メイン証券として活用していくことも十分考えられる証券会社です。

IPO投資はとにかく根気との勝負です。

申し込んでもなかなか当選しない日々が続きますが,申し込みをしなければ当選することはありません。

根気よく申し込みをし続けた人だけがその利益を得るのです。

まずは口座開設を行うことが第一歩です。

興味のある方は,ぜひ行動していきましょう!

無料口座開設はこちら↓↓

楽天証券

広告