妊活をする際の仕事との向き合い方

近年、共働きの夫婦が非常に増えており、仕事をしながら妊活をするという夫婦も増えていると思います。

妊活をするときに、妊活だけに集中したいと思っていても、仕事もやらなければならない。

かといって、

仕事のストレスを抱えたまま妊活をしたくない!
クリニックに相談に行くには仕事を休まないといけない。
クリニックに通院する時間がない。

といった葛藤や問題が生まれると思います。

では、どうすればこの状況を考える改善することができるか考えてみましょう。

今回の記事では、正解を導き出すというよりも、改めて考え直す機会になればと思っています。

自分と仕事との関係

あなたにとっての仕事はどんな存在でしょうか。

とにかく仕事が楽しく一生懸命やりたい
仕事自体はしっかりやるけど、お金がもらえるからやっている
とにかく子供を産んで、育児に専念したい
毎日が辛くて仕事にストレスしか感じない

仕事もしたいけど、子供が欲しいという人は、仕事に対する情熱を少しだけ、妊活に向けた生活を心がける必要があります。

一方、仕事をしたくないという人が妊活ばかりに意識を向けてしまっては、仕事が疎かになってしまいます。

はなこ
どちらかに意識がいくのではなく、バランスが大事ですね

職場の方に認めてもらうには

妊活をストレスなく進めるには、職場の方の理解は非常に大切です。

妊活のためにクリニックに通う場合は、1日有給とはいかなくとも半日の有給を頻繁にとる必要があります。

そうなると、同僚の風当たりが気になってくるかもしれません。

あの人だけ休んでばっかり
あの人仕事やる気ないんじゃない?

などの陰口を言われてしまうかもしれません。

妊活を経験したことがない方は、妊活がどれだけ大変なことなのかわかりません。

仕事をしっかりしていればいいでしょ!?と思われるかもしれませんが、なんともモヤモヤしてしまう方もいるでしょう。

最善の方法は、管理職や同僚にしっかりと伝えることです。

自宅での妊活(タイミング法や妊活ゼリー)であれば、お休みを多くとる必要はないため、わざわざ伝える必要はありませんが、クリニックに通院する場合は、職場の方に理解してもらう必要があるでしょう。

異性の方に伝えることは抵抗があるかもしれませんので、少なくとも管理職の方には事情を説明できると良いですね。

妊活中だからといって仕事をないがしろにしてはダメ

妊活中はとにかく仕事が手につかないという方は多いと思いますが、可能な範囲で勤務中は仕事に集中しましょう

クリニックの通院で、仕事を休みがちになった時に、勤務態度が悪いとなかなか理解を得ることが難しいかもしれません。

はなこ
通院することで仕事を同僚にお願いしているという気持ちは忘れないようにしましょう

自分の一番大切なものを考える

これまで仕事はしっかりやりましょう!と伝えてきましたが、あくまでこれは気持ちの問題で、同僚の気持ちも考えよう。ということです。

この記事を読んでいる方の一番大切なことは、元気な赤ちゃんを産みたいということだと思います。

同僚での感謝の気持ちを大切に、妊活について考えていきましょう。

自然に妊娠できるカップルもいれば、妊娠がしやすくなる方法を試したり、クリニックに通院したりと、様々なカップルがいます。

そのため、自分達にあった妊活を見つけることが大切です。

まとめ

今回の記事では、仕事をしっかりやりましょう。といったり、それでも自分が大切なことを考えましょう。といったりと、どっちつかずじゃないか!?と思ったかもしれません。

共働き世帯が多い現代では、このどちらも大切にする。という考え方が非常に大切だと思います。

しかし、カップルによっては、どうしても仕事が手につかなくなってしまう場合もあるでしょう。

そうした場合は無理をせず一度は仕事をお休みしても良いと思います。

それぞれの夫婦の最善の方法があると思いますので、しっかりと2人で話し合いをしましょう。

>教育のススメ

教育のススメ

多くの方の参考となるため,日々更新を続けていきたいと思います。分野が複数ありますが,興味があるものだけでも見てください!

CTR IMG