新卒就職支援サービス「JobSpring」の評判とデメリットとは

今回は、新卒就職支援サービス「JobSpring(ジョブスプリング)」について紹介します。

「JobSpring(ジョブスプリング)」は2020卒向けサービスから名称が変更になり、元々はRoots(ルーツ)という名称でした。

このページをご覧いただければ、「JobSpring(ジョブスプリング)」について全て把握することができます。

「JobSpring(ジョブスプリング)」とは

もともとは「Roots(ルーツ)」という名称でしたが、2020卒向けから名称が「JobSpring(ジョブスプリング)」という名称に変更されましたので、「JobSpring(ジョブスプリング)」で統一しようと思います。

この「JobSpring(ジョブスプリング)」は、新卒に特化したエージェントサービスとなっており、就職でよく使う就職サイト(リクナビ・マイナビのようなもの)と違い、エージェントと呼ばれる就活のプロが企業と登録学生の間に入って、中立的な立場で、企業の採用活動をサポートしたり、登録学生の就職活動をサポートしたりしてくれます。

一般的なマイナビ・リクナビなどは就活生自らが気になる企業をチェックして、登録し、エントリーシートを提出するような流れですが、逆求人サイトは、就活生がプロフィールを登録し、企業の人事担当者が、気になる能力を持っている就活生にスカウトメールを送ります。

就活生からすると、企業が自ら求める能力を持つと認められるような仕組みなので、もし興味がある業種・企業であれば、両者のミスマッチが少なく、効率的に就活を進めることができます。

企業の人事担当者が気になるプロフィールの就活生にスカウトを送るリクナビやマイナビとは真逆の就活サイトです。

通常の「新卒紹介サービス」登録後の流れは?

通常の「新卒紹介サービス」に登録すると、以下のような流れで進んでいきます。

1 カウンセリング

登録後は、担当となるエージェントから連絡があり、現状の確認や今後の展望を確認します。将来どんなことがしたいかによって、紹介してくれる企業も変わってくるので、しっかりと自分のキャリア展望を伝えましょう。

2 求人企業の紹介

希望を伝え、登録学生にあった企業を紹介してくれます。ただし、時期によっても紹介可能な業種は変わってきますので、登録は可能な限り早く行っておきましょう。

3 履歴書、エントリーシートの添削作業

履歴書の書き方やエントリーシートを添削してくれるエージェント企業も存在しますので、可能な限り利用をしましょう。

4 面接の対策

1人で就活をしていると、全て1人でやらなくてはなりません。エージェントを活用すると、パンフレットやHPでは入手できない情報も手に入れることができます。

利用は全て無料!

基本的に就職エージェントサービスについては、就活生は料金を必要としません。

全てが無料で利用できます。

就職のために費用を負担する『就職塾』のような仕組みもありますが、私は、あまりおすすめはしません。
無料の就職エージェントでも十分多くの情報を提供してくれますし、真偽はマチマチかもしれませんが、ネットでも数多くの情報が提供されています。
書籍にお金をかけるというのは、良いかもしれませんし、とにかくいくら払っても良いから、良質な情報を欲しいという方は就活塾を探しても良いかもしれません。
※あまりにも高い料金を謳っている業者やサイトは逆に注意が必要です。高額なお金を払わせるのが目的の詐欺の可能性もあります。

仕組みとしては、エージェントが提携をしている企業から報酬をもらっているためです。

「JobSpring(ジョブスプリング)」が他のサービスと違うところは?

人材会社によっても大きく異なってしまいますが、多くの新卒紹介サービスは、登録をして、条件にあう求人を紹介して終わり。ということも多くあります。

しかし、「JobSpring(ジョブスプリング)」では、熟練されたエージェントが揃っており、しっかりとした面談のもと、その就活生の希望に沿った企業を厳選してくれます。

また、AIを用いて就活生の適正にあった求人情報を紹介してくれるなど、利用価値の非常に高い就活エージェントだと言えます。

入社後のイメージの差異が少ない

せっかく内定をもらっても、入社後にイメージと違って退職しては意味がありません。

「JobSpring(ジョブスプリング)」では、事前に就活生のことをしっかりと見極め、就活生にあった企業を紹介してくれます。

これは、
「JobSpring」と提携している求人企業は1,000社を超えているなかで、1人につき数社(3社~4社程度)を厳選して紹介してくれるためです。

全体としてベンチャー企業やIT企業が比較的多い傾向があります。

この求人企業1,000社というのが1つのボーダーラインだと個人的には思っているのですが、あまりにも小規模の逆求人サイトですと、とにかく少ない企業から紹介をくるので、個人とのマッチングよりも、保有している企業を適当に紹介してくる。

といった事態になりかねないと思います。

小規模の逆求人サイトであれば、例えば、IT企業に特化とか、不動産業界に特化とか、自分が求める業種に特化したもの以外はあまりおすすめできません。

オンライン面談にも対応

オンライン面談にも対応しているため、コロナ禍の移動の不安を解消してくれたり、直接面談会場まで行く手間を省いたりとメリットが多くありそうです。

JobSpring(ジョブスプリング)は「高い内定率」と「早期退社率が低い」

ジョブスプリングを使って内定を獲得できた就活生は驚異の90%超えです。

これは説明しなくてもわかる通り、非常に高い水準にあります。

また、逆求人サイトの最大のメリットである、自分にあった企業、自分が活躍できる企業を紹介してくれるということで、「3年後の離職率は0、1%」となっています。

約3割程度が3年で辞めていくと言われているので、この数字も非常に魅力的だと思います。

まとめ

「JobSpring(ジョブスプリング)」は、大手の新卒紹介サイトと違い、比較的エージェントが若い傾向があり、提携企業も全体的に若い印象があります。

良く言えば、勢いがあって、親身になって対応してもらえます。

悪く言えば、大手と比べると歴史が浅いため、安心感に少し欠けるといったところでしょうか。

ただし、しっかりと親身になって自分のやりたいことを探すことができれば、このような新卒紹介サービスを使うことは非常に有効的だと言えます。

新卒採用・既卒、転職サイトはこちら

全て無料で利用できます。

【既卒・転職・フリーター採用(新たな道を目指す人向け】

  • あなたの適職探します。パソナキャリア
    5

    パソナキャリア

    一言で『正しい転職』と言っても、答えは一つではありません。そのためにも大切にしているのは、みなさんご自身の経験・ご希望をより深く掘り下げていくこと。
    各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランについて一緒に考えていきます。パソナグループとしての幅広いネットワークも当社の特徴。業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中から、あなたのキャリアプランを実現する求人をご紹介します。

  • 転職エージェントなら転職支援実績No.1のリクルートエージェント
    5

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは転職支援実績No.1の転職支援サービスです。実績豊富な転職エージェントが、業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。

  • 日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
    5



    求人件数が多いことはもちろん,いわゆる「ブラック企業」の比率が非常に少ないことで有名です。
    いい就職.comは,内定者の離職率が高すぎる会社は紹介先から外してしまう処理をとっています。これにより,安心して転職活動を行うことができます。サポーターが話をしっかりと聞いてくれて,無理やり転職先を紹介されることもありません。

  • フリーター就職・既卒就職なら【JAIC(ジェイック)】
    5



    フリーターや,既卒からの転職成功率80%以上!
    ビジネスマナーから,面接対策や履歴書の書き方まで,フリーター・未経験・既卒専門の無料就活講座で,就活対策を最初から最後まで丁寧にサポート!
    正社員しか紹介しない実績抜群の転職サイトです。

  • 『転職・求人ならキャリコネ転職サービス』
    5

    企業リサーチ,求人検索,面接対策と全ての要素が無料で利用ができる。企業登録数は43万件以上で,会社の評判から「年収」「残業時間・休日出勤」などの口コミも全て網羅!転職を考えるならまずは登録しておくべき!
    また,他社の大手転職サイトと提携をしているから別の転職サイトにも同時に登録ができ,面倒な履歴書登録の手間が省ける!

  • 転職・非公開求人の多さなら【doda】
    4



    求人件数が非常に多く,選択肢に困ることはありません。また,職務経歴書や面接対策といった一番気になる実践的なサポートが非常に好評です。
    転職サイトでは,担当者によって当たり外れがあると言われますが,dodaは担当者の質が非常に高いため,どの担当者でも安心して相談をすることができます。
    求人件数が多すぎて,あまり条件のよくない求人が紛れ込んでいることがあるので注意。

  • 20代の初めての転職は、「20代の転職相談所」でまずは相談
    4



    20代の第二新卒者に特化した転職支援サイトです。正社員限定求人を5,000件以上を用意しています。初めて転職をする場合は転職ノウハウがしっかりしているため,的確なアドバイスを受けることができます。検索可能なこだわり条件も豊富に準備!

【新卒採用(これから就職活動を行う人向け】

  • 企業が学生にオファーする新卒就活サイト【OfferBox<オファーボックス>】
    5



    OfferBoxは、企業が興味を持った学生にオファーする、新しい就活サイトです。
    学生は、OfferBoxに自分のプロフィールを登録し、企業はプロフィールを検索し、自社にあった学生にオファーを送ります。
    利用学生数は38.9万人を超え、就活生の3人に1人が登録している計算になります。
    また、新卒オファー型就活サイトでは、<5年連続>学生利用率No.1に輝いています。※HR総研/ProFuture株式会社 2018〜2022年調査(2019〜2023年卒学生対象)
    利用企業数は11,400社以上を超え、大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)なども利用しています。
    その他のサービスとして、「適性診断AnalyzeU+」を無料で受けることが可能です。この診断結果をもとに、自己PRをさらに磨くこともできます。

  • ありのままの自分で就活。スカウト型の就活サイト【キミスカ】
    5



    『キミスカ』はスカウトメールが届く逆求人型の就活サイトです。
    企業の採用担当者が登録された学生のプロフィールをチェックして、気になったユーザーにスカウトメッセージを送られます。お互いの信頼関係が構築されたタイミングで面接や説明会に進むので、就職活動を非常に効率的に進めることができます。業界最高レベルの適性検査で、自分のストレス耐性や価値観傾向などを探り、自己分析の助けにもなります。
    逆求人型の就職活動を無料で利用できるので、とりあえず登録しておいて、興味のある会社からメッセージがもらえたら積極的に就職活動を行うといった使い方も可能です!

  • ベネッセの成長支援型逆求人就活サービス【dodaキャンパス】
    5



    登録学生は87万人以上!「自分に合った企業と出会える」オファー型就活サイト「dodaキャンパス」です。学生がプロフィールを入力することで、インターンやオファーが届く企逆求人型就活支援サービスです。
    大手からベンチャー企業まで幅広く契約している企業があり、その数は7,600社以上!
    他にも就活支援のプロと就活仲間と一緒に進める「面接対策講座」や「グループディスカッション講座」などの就活対策講座
    などを定期的に開催しています。
    これまでの経験や自己PRなど、「キャリアノート」と呼ばれるプロフィールを入力することで、自分にあった企業からのインターンや選考に関するオファーが届きます。

  • 自分が活躍できる企業への就活をサポートするJobSpring
    4



    HRクラウド株式会社が運営する就活支援サービスで、エージェントサービスを主に、企業イベント、就活セミナーなど就職活動をよりシンプルに効率的に行うためのソリューションを提供しています。
    JobSpringでは大手の似たようなサービスと違い、平均3〜4社の紹介となるので、本当に学生に合う企業のみを紹介してくれる。紹介先は500社以上あり、中には非公開のレア求人もあります。
    東京都千代田区での面談となるので、関東圏勤務の企業が多いです。

  • 仕事の基礎力を見える化し、企業のオファーが届く就活サービス【ジョブティ】
    4



    大学名ではなく、あなたの仕事をする力に期待して、企業からオファーが届きます。
    学歴だけじゃなく、自分の実力を評価したほしい。そんな方にお勧めの逆求人サービスです。
    自己分析の一環として自分の得手不得手を把握したい場合に、本格的な実務経験を通じて、本人のスキルをスコア化してくれます。
    大多数の1人というよりも、1人1人をしっかりと評価してくれる企業に就職したいと考える人には非常にお勧めなサービスです。

>教育のススメ

教育のススメ

多くの方の参考となるため,日々更新を続けていきたいと思います。分野が複数ありますが,興味があるものだけでも見てください!

CTR IMG