あなたはどっちタイプ?塾と予備校に迷ったらここを見ろ!

大学受験をするあなたが、学校以外で勉強をしようと思ったとき、塾に通う、予備校に通う、通信教材で学ぶ、全部やる、といった様々な手段を検討すると思います。

 

なんとなく、塾といったり予備校といったりしますが、何が違うのか?

これについて、紹介しようと思います。

 

・塾と予備校の違い義

・それぞれの特徴とメリット、デメリット

 

塾と予備校の違い

まず簡単にこの両者の違いを挙げると以下の2点になります。

 

「指導方式」
「学習する目的」

です。

指導方式の違いとは

まず塾については、学校と同じように「授業方式」で行われることが多いです。

そのため、問題の解答について求められたり、生徒の質問に答えたりすることが多く、「学校の勉強で足りない学力を補足的に学ぶ」といったことが主流になります。

その一方、予備校については、講師と呼ばれる先生が一方的に一方通行で指導する「講義方式」で行われることが多く、受け身の状態で様々な知識を得ることができます。

ただし、最近は予備校でも授業後の質問や、ついていけない部分のフォローといった体制に力を入れている予備校も多く、一概に完全な受け身というわけではありません。

たろう
最近は塾だからこうとか、予備校だからこうとか、そういった固定概念は薄れつつありますね

学習する目的の違いとは

塾については、指導方式の違いでも紹介した「足りない学力を補足的に学ぶ」ことができることから、学校の授業の振り返りをしたい。といった生徒に向いています。

一方、予備校は、特定の試験(今回は大学受験)に対して「合格する」ことを目的として通うものになりますので、大学受験に必要な対策や知識を効率的に得られることができます。

大学付属に通う生徒は、大学入学後に生かせるために知識を学びに行くことが多いのが、塾で、大学受験に通過するために通うために知識を学びに行くことが多いのが予備校になります。

もちろん、どっちの境遇だから、こっちに通わなければダメということはないので、自分にあったものを選択してください。

 

塾に通うメリット・デメリットと適した人の特徴

ここからはそれぞれのメリットや、デメリット、塾に適した人の特徴を紹介します。

塾に通うメリット

個別指導がしやすい

塾では、予備校よりも生徒が少ないことが多く、先生と生徒の距離が近いため、わからない問題に対して先生に質問する機会が多いです

しっかりと理解できるまで教えてくれる先生も多いため、学校の成績アップや、大学受験に向けた基礎学力を養うこともできます。

進路の相談ができる(自分にあった大学を探せる)

普段から先生と生徒の距離が近ければ、将来の自分にあった進路についても相談をすることができます。

塾に通うデメリット

予備校よりも大学入試を通過するために数多くの知識をガンガン身に着けていく。といった雰囲気ではありません。

そのため、難関大学に合格したい方には不向きな場合が多いです。

塾に通うのに適した人の特徴

・大学付属に通っていて基礎学力を身に着けたい人

・わからない問題はしっかりと先生に教えてもらいたい人

・個別に進路についても相談したい人

 

予備校に通うメリット・デメリットと適した人の特徴

ここからはそれぞれのメリットや、デメリット、予備校に適した人の特徴を紹介します。

予備校に通うメリット

大学入試に特化した情報・授業を同じ志を持った仲間と切磋琢磨しながら勉強することができます。

また、大手予備校であればテレビに出演するような有名講師が授業してくれたり、各大学の出題傾向や入試対策について指導してくれたりと、専門的に大学入試に対応したい場合に向いています。

予備校に通うデメリット

基本的には、講師が生徒に対して「一方通行」な授業となるため、都度わからない箇所を質問することは難しいです。

それでも授業後に聞きにいったり、個別相談に対応したりと、予備校のサポートも年々手厚くなっています。

予備校に通うのに適した人の特徴

・難関大学に合格したい人

・とにかく大学入試を専門的に対策したい人

・有名講師の授業を聞きたい人

 

塾と予備校のまとめ

いかがでしょうか。

塾と予備校の違いについてなんとなく理解することができたでしょうか。

学校の延長戦が塾であるのに対して予備校は資格学校のような講義的な授業展開になることが多いです。

 

どちらが一方的に良いというわけではありません。

・自分が大学受験を目指していてとにかく入試を通過したい人

・大学受験を目指しているけど、都度質問をしながら進めたい人

・個別指導でわからない箇所を教えてもらいたい人

・基礎学力をしっかりと向上させたい人

など、それぞれの置かれている状況は異なると思います。

また、一概に「塾」「予備校」と区分しましたが、それぞれの「塾」「予備校」によって特徴はまちまちです。

しっかりと資料請求をしたり、実際に無料体験に参加したりと、自分のイメージにあった選択をすることを心掛けるようにしましょう。

 

・大学付属に通っていて基礎学力を身に着けたい人

・わからない問題はしっかりと先生に教えてもらいたい人

・個別に進路についても相談したい人

・難関大学に合格したい人

・とにかく大学入試を専門的に対策したい人

・有名講師の授業を聞きたい人

>教育のススメ

教育のススメ

多くの方の参考となるため,日々更新を続けていきたいと思います。分野が複数ありますが,興味があるものだけでも見てください!

CTR IMG