国立大学法人って何?国立と私立の大学職員の違い

国立大学法人って何?

「国立」「公立」「私立」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

ほとんどの人が意味を分かっているかもしれませんが、

これは、各大学(学校)の運営母体の違いによるものです。

国立 ⇒ 国立大学法人

公立 ⇒ 地方自治体

私立 ⇒ 学校法人(若しくは株式会社)

簡単に言えば、国なのか、都道府県・市町村なのか、それ以外なのか。

ということです。

今回はこの国立大学法人について、紹介をしていきたいと思います。

国立大学法人って公務員??

さて、早速ですが、国立大学法人の職員は公務員なのでしょうか?

答えは バツ(×)です。

国立大学、国立高等専門学校は、平成16年(2004年)に、法人機関となり、職員の身分は国家公務員ではなくなりました。

そのため、「国立大学法人等職員採用試験」は、国家公務員採用試験とは別に実施をすることになりました。

よく公務員志望の方はこの「国立大学法人等職員採用試験」を併願することが多いです。

理由は、第一試験の筆記試験が教養試験で、出題数40問・多肢選択式だからだと思います。

公務員試験を受ける人にとっては、この形式はかなり強いです。

だから、一つでも採用可能性を上げるために、この試験を併願しています。

公務員じゃないなら給料も私立大学と同等??

国立大学は、上でも述べたように、平成16年(2004年)から法人機関になりました。

文部科学省が設置する国の行政機関から、各大学が独立した法人格をもつ「国立大学法人」となり、国が財政的に責任を持ちながら、自主・自立という大学の特性を生かした運営ができるというスタンスです。

そのため、基本的には国からの補助金率が私立大学と比べてかなり高いです。

しかし、学費は私立大学と比べるととても低いため、運営体制としては、利益率は低いということになります。

ここまでくると想像ができるかもしれませんが、国立大学法人の給料は私立大学と比べると低いです。(あくまで私立大学と比べるとですが。)

また、国立大学法人の給料は、「国立大学法人法」により、『国家公務員や民間企業の給与、法人の業務の実績等を考慮して、各法人がそれぞれ支給基準を定め、その支給基準を公表しなければならない』とされているようです。

そのため、極端に給料が高い国立大学というのは存在しないということが言えそうです。

東大の大学職員でも45歳年収は690万円?

日本の№1大学といえば、東京大学でしょう。

(分野や№1の定義を変えれば、他の大学ということも言えますが、ここでは、総合点を考えて東京大学とします。)

そして、東京大学は国立大学法人によって運営されています。

東京大学は年収モデルが公表されていました。

22歳(大卒初任給・独身)

月額178,200円 年間給与2,654,000円

35歳(主任、配偶者・子ども1人)

月額345,594円 年間給与5,669,000円

45歳(係長、配偶者・子ども2人)

月額422,313円 年間給与6,900,000円

45歳の年間給与は700万円に満たないんです!

東京大学といえば、日本のトップを走る大学で、もちろん研究のレベルや取り組みも先をいく大学です。

こちらの記事を参考にしてもらいですが、

*大学職員の給料・年収の詳細についてはこちら↓↓↓

関連記事

大学職員の給料・年収って?さて、今回は大学職員の給料について紹介します。大学職員といっても、国立大学と私立大学では待遇が異なります。国立大学職員については、別のページで紹介をしていきますので、今回は、私立大学職員について[…]

私立大学の各大学比較と比べても、最底辺レベルになっています。

もちろん給料だけがやりがいではないですが、皆さんはどう思うでしょうか。

国立大学法人は楽なのか?

私立大学と国立大学の給料面を比較してきましたが、業務内容はどうなのでしょうか。

『関東甲信越地区 国立大学法人等職員採用試験』のページに仕事内容の紹介がありました。

主な業務は以下のとおりです。

学生支援

・学籍管理、成績管理・奨学金、生活指導

就職指導、センター試験対応

研究支援

・受託研究・民間との共同研究等の外部資金受け入れ

知的財産の管理

国際交流

・海外の大学、研究機関等の学術交流事業

・留学生の受入れ、学生の留学支援

・教職員の海外派遣

総務・人事

・教授会、入学式等の式典運営

・規則の制定、改廃

・職員の採用、昇任、異動、給与

財務・広報・社会連携・企画・評価・医療・図書館

等々、数え切れないほどの業務があります。そして、私立大学とほぼ同様の業務です。

詳細はこちら

出典:関東甲信越地区 国立大学法人等職員採用試験

http://ssj.adm.u-tokyo.ac.jp/job/work/

やることは同じで給料は差がある。

国立大学法人のメリットは、国の運営による雇用の安心でしょうか。

私立大学でも有名私大であれば、急に大学が潰れることはなさそうですが…

 

いかがでしたでしょうか。

今回は国立大学職員の年収や仕事について紹介しました。

なんだ!私大職員の方が良いじゃん!と思う方もいるかもしれませんが、

年収よりも業務内容に惹かれた方は、国立大学法人の職員を目指しても良いかもしれません。

 

興味のある方は、ぜひ就職・転職を目指してください!

新卒採用・既卒、転職サイトはこちら

全て無料で利用できます。

【新卒採用(これから就職活動を行う人向け】

  • 企業が学生にオファーする新卒就活サイト【OfferBox<オファーボックス>】
    5



    OfferBoxは、企業が興味を持った学生にオファーする、新しい就活サイトです。
    学生は、OfferBoxに自分のプロフィールを登録し、企業はプロフィールを検索し、自社にあった学生にオファーを送ります。
    利用学生数は38.9万人を超え、就活生の3人に1人が登録している計算になります。
    また、新卒オファー型就活サイトでは、<5年連続>学生利用率No.1に輝いています。※HR総研/ProFuture株式会社 2018〜2022年調査(2019〜2023年卒学生対象)
    利用企業数は11,400社以上を超え、大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)なども利用しています。
    その他のサービスとして、「適性診断AnalyzeU+」を無料で受けることが可能です。この診断結果をもとに、自己PRをさらに磨くこともできます。

  • ありのままの自分で就活。スカウト型の就活サイト【キミスカ】
    5



    『キミスカ』はスカウトメールが届く逆求人型の就活サイトです。
    企業の採用担当者が登録された学生のプロフィールをチェックして、気になったユーザーにスカウトメッセージを送られます。お互いの信頼関係が構築されたタイミングで面接や説明会に進むので、就職活動を非常に効率的に進めることができます。業界最高レベルの適性検査で、自分のストレス耐性や価値観傾向などを探り、自己分析の助けにもなります。
    逆求人型の就職活動を無料で利用できるので、とりあえず登録しておいて、興味のある会社からメッセージがもらえたら積極的に就職活動を行うといった使い方も可能です!

  • ベネッセの成長支援型逆求人就活サービス【dodaキャンパス】
    5



    登録学生は87万人以上!「自分に合った企業と出会える」オファー型就活サイト「dodaキャンパス」です。学生がプロフィールを入力することで、インターンやオファーが届く企逆求人型就活支援サービスです。
    大手からベンチャー企業まで幅広く契約している企業があり、その数は7,600社以上!
    他にも就活支援のプロと就活仲間と一緒に進める「面接対策講座」や「グループディスカッション講座」などの就活対策講座
    などを定期的に開催しています。
    これまでの経験や自己PRなど、「キャリアノート」と呼ばれるプロフィールを入力することで、自分にあった企業からのインターンや選考に関するオファーが届きます。

  • 自分が活躍できる企業への就活をサポートするJobSpring
    4



    HRクラウド株式会社が運営する就活支援サービスで、エージェントサービスを主に、企業イベント、就活セミナーなど就職活動をよりシンプルに効率的に行うためのソリューションを提供しています。
    JobSpringでは大手の似たようなサービスと違い、平均3〜4社の紹介となるので、本当に学生に合う企業のみを紹介してくれる。紹介先は500社以上あり、中には非公開のレア求人もあります。
    東京都千代田区での面談となるので、関東圏勤務の企業が多いです。

  • 仕事の基礎力を見える化し、企業のオファーが届く就活サービス【ジョブティ】
    4



    大学名ではなく、あなたの仕事をする力に期待して、企業からオファーが届きます。
    学歴だけじゃなく、自分の実力を評価したほしい。そんな方にお勧めの逆求人サービスです。
    自己分析の一環として自分の得手不得手を把握したい場合に、本格的な実務経験を通じて、本人のスキルをスコア化してくれます。
    大多数の1人というよりも、1人1人をしっかりと評価してくれる企業に就職したいと考える人には非常にお勧めなサービスです。

【既卒・転職・フリーター採用(新たな道を目指す人向け】

  • あなたの適職探します。パソナキャリア
    5

    パソナキャリア

    一言で『正しい転職』と言っても、答えは一つではありません。そのためにも大切にしているのは、みなさんご自身の経験・ご希望をより深く掘り下げていくこと。
    各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランについて一緒に考えていきます。パソナグループとしての幅広いネットワークも当社の特徴。業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中から、あなたのキャリアプランを実現する求人をご紹介します。

  • 転職エージェントなら転職支援実績No.1のリクルートエージェント
    5

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは転職支援実績No.1の転職支援サービスです。実績豊富な転職エージェントが、業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。

  • 日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
    5



    求人件数が多いことはもちろん,いわゆる「ブラック企業」の比率が非常に少ないことで有名です。
    いい就職.comは,内定者の離職率が高すぎる会社は紹介先から外してしまう処理をとっています。これにより,安心して転職活動を行うことができます。サポーターが話をしっかりと聞いてくれて,無理やり転職先を紹介されることもありません。

  • フリーター就職・既卒就職なら【JAIC(ジェイック)】
    5



    フリーターや,既卒からの転職成功率80%以上!
    ビジネスマナーから,面接対策や履歴書の書き方まで,フリーター・未経験・既卒専門の無料就活講座で,就活対策を最初から最後まで丁寧にサポート!
    正社員しか紹介しない実績抜群の転職サイトです。

  • 『転職・求人ならキャリコネ転職サービス』
    5

    企業リサーチ,求人検索,面接対策と全ての要素が無料で利用ができる。企業登録数は43万件以上で,会社の評判から「年収」「残業時間・休日出勤」などの口コミも全て網羅!転職を考えるならまずは登録しておくべき!
    また,他社の大手転職サイトと提携をしているから別の転職サイトにも同時に登録ができ,面倒な履歴書登録の手間が省ける!

  • 転職・非公開求人の多さなら【doda】
    4



    求人件数が非常に多く,選択肢に困ることはありません。また,職務経歴書や面接対策といった一番気になる実践的なサポートが非常に好評です。
    転職サイトでは,担当者によって当たり外れがあると言われますが,dodaは担当者の質が非常に高いため,どの担当者でも安心して相談をすることができます。
    求人件数が多すぎて,あまり条件のよくない求人が紛れ込んでいることがあるので注意。

  • 20代の初めての転職は、「20代の転職相談所」でまずは相談
    4



    20代の第二新卒者に特化した転職支援サイトです。正社員限定求人を5,000件以上を用意しています。初めて転職をする場合は転職ノウハウがしっかりしているため,的確なアドバイスを受けることができます。検索可能なこだわり条件も豊富に準備!

>教育のススメ

教育のススメ

多くの方の参考となるため,日々更新を続けていきたいと思います。分野が複数ありますが,興味があるものだけでも見てください!

CTR IMG