これで完璧?私立大学職員の就職試験(新卒概要編)

広告

私立大学職員って何を勉強すれば良いの?

私立大学職員について一定の知識や興味が出てきたところで,

実際に私立大学職員の倍率やどんなことを聞かれるのか。

今回は実際に私が受けた新卒採用試験編として紹介しています。

*大学職員の詳細についてはこちら↓↓↓

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});広告 目次1 大学職員って何をする?2 学部窓口の仕事・業務3 法人部門の仕[…]

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});広告 目次1 大学職員の給料・年収って?2 私立大学職員の平均年収は約730[…]

倍率100倍以上!?私立大学職員の倍率は?

私立大学職員の倍率ってどれくらいだと思いますか?

なんとなくイメージで,これだけ条件が良いと倍率が高いんじゃないの!?

と思う方,そうです。倍率は高いです。

有名私大の倍率だけに限定すると,年によって変動をしますが,

50倍〜200倍になる年もあると言われています。

何故これだけ倍率が高くなるのかというと,採用人数がかなり少ない。

ということが言えます。

もし興味のある大学があれば,一度採用ページを見てもらえばわかりますが,

新卒10名〜15名程度しか求人をしていない場合が多いです。

この狭き門に,何百人・何千人という就活生が志望をしてきます。

対策なしにこの難関を乗り越えることは難しいと思いますので,

このサイトを通じて,私立大学職員になるための対策をしていければと思います。

出身大学が有利?その真相とは

私立大学職員はコネがないと受からない。
私立大学職員は出身大学じゃないと受からない。

こんな噂を聞いたことはありませんか?

この話は半分正解です。

この真相は,面接試験に突破できる人に出身大学者が多い。

ということが言えると思います。

私が受けた試験内容については今後紹介しますが,

面接試験を受けるとき,どんなことを聞かれると思いますか?

面接官A
本学を志望した動機は?
面接官B
本学の理念を知っているか?
面接官C
本学の良いところはどこにあると思うか?
面接官D
本学で働くうえで本学を好きになったエピソードはありますか?

面接官にこれらのことを聞かれたとき,単純に良い受け答えができる志願者に出身大学者が多いということです。

まったくの他大学出身者がこれらのことに明確に答えをするのは難しく,4年間通学した出身大学者の方が有利で,採用も多いというのはある意味しょうがないのかもしれません。

しかし,他大学出身者でも能力が高く,そして志望大学への志望動機,良いところ,出身大学と比べて志望大学はどこか違うのか。

大学間を比較して,模範とできる部分は何か。等々,ハードルは少し高くなりますが,逆に,他の志望者と差別化ができるチャンスでもありますので,諦めずに志望することをオススメします。

 

いかがでしたでしょうか。

今回は私立大学職員の新卒概要について紹介をしてきました。

今後実際にどんな試験を受けるのか。試験に必要なスキルは何か。

について紹介していきたいと思います。

 

興味のある方は,ぜひ就職・転職を目指してください!

新卒採用・既卒,転職サイトはこちら

全て無料で利用できます。

【既卒・転職・フリーター採用(新たな道を目指す人向け】

  • あなたの適職探します。パソナキャリア
    5

    パソナキャリア

    一言で『正しい転職』と言っても、答えは一つではありません。そのためにも大切にしているのは、みなさんご自身の経験・ご希望をより深く掘り下げていくこと。
    各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランについて一緒に考えていきます。パソナグループとしての幅広いネットワークも当社の特徴。業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中から、あなたのキャリアプランを実現する求人をご紹介します。

  • 転職エージェントなら転職支援実績No.1のリクルートエージェント
    5

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは転職支援実績No.1の転職支援サービスです。実績豊富な転職エージェントが、業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。

  • 日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
    5



    求人件数が多いことはもちろん,いわゆる「ブラック企業」の比率が非常に少ないことで有名です。
    いい就職.comは,内定者の離職率が高すぎる会社は紹介先から外してしまう処理をとっています。これにより,安心して転職活動を行うことができます。サポーターが話をしっかりと聞いてくれて,無理やり転職先を紹介されることもありません。

  • フリーター就職・既卒就職なら【JAIC(ジェイック)】
    5



    フリーターや,既卒からの転職成功率80%以上!
    ビジネスマナーから,面接対策や履歴書の書き方まで,フリーター・未経験・既卒専門の無料就活講座で,就活対策を最初から最後まで丁寧にサポート!
    正社員しか紹介しない実績抜群の転職サイトです。

  • 『転職・求人ならキャリコネ転職サービス』
    5

    企業リサーチ,求人検索,面接対策と全ての要素が無料で利用ができる。企業登録数は43万件以上で,会社の評判から「年収」「残業時間・休日出勤」などの口コミも全て網羅!転職を考えるならまずは登録しておくべき!
    また,他社の大手転職サイトと提携をしているから別の転職サイトにも同時に登録ができ,面倒な履歴書登録の手間が省ける!

  • 転職・非公開求人の多さなら【doda】
    4



    求人件数が非常に多く,選択肢に困ることはありません。また,職務経歴書や面接対策といった一番気になる実践的なサポートが非常に好評です。
    転職サイトでは,担当者によって当たり外れがあると言われますが,dodaは担当者の質が非常に高いため,どの担当者でも安心して相談をすることができます。
    求人件数が多すぎて,あまり条件のよくない求人が紛れ込んでいることがあるので注意。

  • 20代の初めての転職は、「20代の転職相談所」でまずは相談
    4



    20代の第二新卒者に特化した転職支援サイトです。正社員限定求人を5,000件以上を用意しています。初めて転職をする場合は転職ノウハウがしっかりしているため,的確なアドバイスを受けることができます。検索可能なこだわり条件も豊富に準備!

【新卒採用(これから就職活動を行う人向け】

  • 早期内定も可能!特別選考のスカウトがもらえる就活スカウトサイト【キミスカ】
    5



    『キミスカ』はスカウトメールが届く逆求人型の就活サイトです。
    企業の採用担当者が登録された学生のプロフィールをチェックして,気になったユーザーにスカウトメッセージを送られます。お互いの信頼関係が構築されたタイミングで面接や説明会に進むので,就職活動を非常に効率的に進めることができます。
    今までの新卒採用にはない,逆求人型の就職活動を無料で利用できるので,とりあえず登録しておいて,興味のある会社からメッセージがもらえたら積極的に就職活動を行うことも可能!

  • あなたの就活をスマートに【新卒支援サービス digmee】
    5



    スマートに就活がしたいなら!LINEを通じて,イベントや選考会の情報を仕入れることができる。登録もLINEでワンクリック!
    気になる業種などを一括エントリーできるから,エントリーの漏れもなし!
    ESから面接対策まで全てを効率的にサポートしてくれる次世代型就職サイトです。

  • 「自分の市場価値を高める企業への就職をサポートするJobSpring」
    4



    自分自身が将来どんなキャリア形成を図りたいのか。自分の得意・不得意はどこか。自分に合う企業,合わない企業はどこか。
    JobSpringなら,将来のキャリア形成まで見据えた後悔のない内定を実現するべき,非常に親身に相談することができます。新入社員の10人に3人は3年以内に会社を辞めている今の世の中だからこそ,自分にあった企業を選ぶことがとても大切です。

  • 新卒就活エージェントなら【キャリアチケット】
    4



    こんな就活をしている人はしていませんか?1.就活情報はネット中心で集めている。2.有名企業ばかりエントリーしている。3.行きたい企業してみていない。こんな人は多くの可能性を逃しているかもしれません。
    自分では気がつかないプロの目線での自分の強みや,適正を徹底的に分析してくれます。
    もちろん無料で利用ができるため,情報収集のためだけでも非常に活用できます!

広告